一歩一歩学ぶ生命科学 - CBT システム - 模擬テスト
制限時間:5分 00秒 | 残り時間: 分 秒 
選択肢の前にがある問題文は、適切な選択肢をひとつだけ選んでください。
選択肢の前にがある問題文は、適切な選択肢を必要な数だけ(1以上、選択肢の数以下)選んでください。
腎臓
出題数(満点): 10点 
1. *は尿管 膀胱 尿道 である。 +1
2. 腎動脈から、水分が腎臓に流入した。水分は
尿管に流出しない
約0.2%が尿管に流出する
10〜30%ほどが尿管に流出する
半分ほどが尿管に流出する
約90%が尿管に流出する
全部が尿管に流出する
+1
3. 腎動脈から、クレアチニンが腎臓に流入した。クレアチニンは
尿管に流出しない
約1%が尿管に流出する
10〜30%ほどが尿管に流出する
半分ほどが尿管に流出する
約90%が尿管に流出する
全部が尿管に流出する
+1
4. 腎動脈から、たんぱく質が腎臓に流入した。たんぱく質は
尿管に流出しない
約1%が尿管に流出する
10〜30%が尿管に流出する
半分ほどが尿管に流出する
約90%が尿管に流出する
全部が尿管に流出する
+1
5. 図の*印は、
ボーマン嚢
腎小体
尿細管
糸球体
尿管
尿細管周囲毛細血管
外性器
腎動脈
膀胱
ネフロン
尿道
腎静脈
である。
+1
6. 図の*印は、
腎小体
尿管
尿道
糸球体
ボーマン嚢
膀胱
尿細管
腎動脈
外性器
尿細管周囲毛細血管
ネフロン
腎静脈
である。
+1
7. 糸球体で、大きい物質はろ過される されない  +1
8. 尿細管において物質が再吸収されるか否かは、その物質 の大きさ が有用か否か  で決まる。 +1
9. 腎臓内の動きを示す図において*印のついた物質の動きは
腎動脈から流入
糸球体でろ過・尿細管へ流失
腎静脈へ流出
糸球体でろ過されず通過
尿管へ流出
尿細管で再吸収
である。
+1
10. 腎臓内の動きを示す図において*印のついた物質の動きは
腎静脈へ流出
尿細管で再吸収
腎動脈から流入
尿管へ流出
糸球体でろ過されず通過
糸球体でろ過・尿細管へ流失
である。
+1
 ※おつかれさまでした。クリックするとあなたの解答をサーバへ送信し採点します。
©生命科学教育シェアリンググループ / 「一歩一歩学ぶ生命科学」のサポータ