一歩一歩学ぶ生命科学 - CBT システム - 模擬テスト
制限時間:5分 00秒 | 残り時間: 分 秒 
選択肢の前にがある問題文は、適切な選択肢をひとつだけ選んでください。
選択肢の前にがある問題文は、適切な選択肢を必要な数だけ(1以上、選択肢の数以下)選んでください。
呼吸、内分泌
出題数(満点): 20点 

3.1.1 概要

1. 肺呼吸は、別名 外呼吸 内呼吸 という。 +1
2. 外呼吸は、別名 組織呼吸 肺呼吸 という。 +1

3.2.1 初級解剖学

3. 肺への気体(空気)の出し入れをする管が、横隔膜 胸腔 気管 肺胞 である。 +1
4. 気管支は何回か枝分かれしながら細くなり、胸腔 肺胞 横隔膜 で行きどまりとなる。 +1
5. 図の*印は、気管支 気管 横隔膜 肺胞 左肺 右肺 胸腔 である。
+1
6. 図の*印は、気管支 胸腔 気管 横隔膜 右肺 肺胞 左肺 である。
+1
7. 図の*印は、左肺 右肺 気管支 胸腔 肺胞 気管 横隔膜 である。
+1
8. 図の*印は、胸腔 左肺 右肺 気管支 気管 横隔膜 肺胞 である。
+1

3.7.2 横隔膜活動と肺気量1

9. 横隔膜は、吸息筋 呼息筋 である。 +1
10. 横隔膜などの吸息筋 呼息筋 が収縮すると、胸腔と肺とは伸展 縮小 する。 +2

4.1.1.1.1 作用機序/アルドステロンの場合

11. アルドステロン(電解質コルチコイド)の生成、内分泌が通常よりも多くなると、血圧は低下する 上昇する 不変である  +1
12. アルドステロン(電解質コルチコイド)の生成、内分泌が通常よりも多くなると、乳房は大きく発育する ほとんど影響を受けない 縮小する  +1

4.1.1.1.2 作用機序/エストロゲンの場合

13. エストロゲンは血中に分泌され、血中濃度が高くなることで乳房を発育させる。エストロゲンはホルモンで ない ある  +1
14. エストロゲンの生成、内分泌が通常よりも多くなると、乳房は大きく発育する あまり影響を受けない あまり発育しない  +1
15. エストロゲンの生成、内分泌が通常よりも多くなると、血圧は上昇する 低下する あまり変化しない  +1

4.1.1.1.3 作用機序/まとめ

16. ホルモンの生成、内分泌が増えると、ホルモンの血中濃度は低下 上昇  する。 +1
17. ホルモンの生成、内分泌が減ると、ホルモンの血中濃度は上昇 低下  する。 +1
18. ホルモンの生成、内分泌が減ると、ホルモンの作用は多い 少ない  +1
19. ホルモンの生成、内分泌が増えると、ホルモンの作用は少ない 多い  +1
 ※おつかれさまでした。クリックするとあなたの解答をサーバへ送信し採点します。
©生命科学教育シェアリンググループ / 「一歩一歩学ぶ生命科学」のサポータ