3.5: 呼吸筋


収縮することにより、胸腔と肺とを拡張する筋を吸息筋、という。横隔膜、外肋間筋は吸息筋である。横隔膜は横隔膜は吸息時、平坦化して下降し、胸腔を拡張する。

収縮することにより、胸腔と肺とを縮小する筋を呼息筋、という。腹筋、内肋間筋は呼息筋である。腹筋は安静呼吸時にはほとんど活動していない。

チャレンジクイズ

1 横隔膜は 呼息筋 吸息筋 の代表で、C3-C5からの横隔神経に支配されている。

2 横隔膜は吸息時 平坦化して下降 ドーム状になって挙上 する。

3 内肋間筋は 呼息筋 吸息筋 、外肋間筋は 呼息筋 吸息筋 である。

4 腹筋は 吸息筋 呼息筋 であるが、安静呼吸時にはほとんど活動していない。

5 吸息筋であるのは、 内肋間筋 腹筋 外肋間筋 横隔膜 である。

6 呼息筋であるのは、腹筋 横隔膜 外肋間筋 内肋間筋 である。

このページのトップにスクロール

: 呼吸商

: サーファクタントの作用