7.4.4.2: 内尿道括約筋,膀胱頸部と尿道周囲の平滑筋

交感神経は内尿道括約筋,膀胱頸部と尿道周囲の平滑筋に多いαカテコールアミン 受容体を刺激し,筋を収縮させる.そのため,失禁に対してはα受容体刺激薬が有効であり,残尿に対してはα受容体遮断薬が有効である. 



NA:ノルアドレナリン
α:αカテコールアミン受容体

まとめの図
NA:ノルアドレナリンα:αカテコールアミン受容体

チャレンジクイズ

1 内尿道括約筋,膀胱頸部と尿道周囲の平滑筋にはα β カテコールアミン受容体が多い.

2 内尿道括約筋,膀胱頸部と尿道周囲の平滑筋のβ α カテコールアミン受容体を刺激すると,筋は収縮 弛緩 する.

3 交感神経は内尿道括約筋,膀胱頸部と尿道周囲の平滑筋に多いα β カテコールアミン受容体を抑制 刺激 し,筋を収縮 弛緩 させる.

4 残尿に対する排尿促進にはα受容体遮断 刺激 薬が有効である.

このページのトップにスクロール

: 電解質と体液

: 膀胱体部