9.1.2.1: 血漿たんぱく質の分類


血漿に溶解しているたんぱく質の基本的な分類と機能を列挙する。

この中で、最多なのは、アルブミン(全体の5-7割)です。

チャレンジクイズ

1 アルブミンは、最終段階の凝固因子である 免疫グロブリンなどを含む 膠質浸透圧を呈する 

2 フィブリノーゲンは、最終段階の凝固因子である 膠質浸透圧を呈する 免疫グロブリンなどを含む 

3 グロブリンは、免疫グロブリンなどを含む 膠質浸透圧を呈する 最終段階の凝固因子である 

4 膠質浸透圧を呈するのは、グロブリン アルブミン フィブリノーゲン である。

5 最終段階の凝固因子であるのは、グロブリン アルブミン フィブリノーゲン である。

6 免疫グロブリンなどを含むのは、グロブリン アルブミン フィブリノーゲン である。

7 血漿たんぱく質の分画で最多なのは、フィブリノーゲン グロブリン アルブミン である。

このページのトップにスクロール

: アルブミン

: 血漿たんぱく質