2.3.1.5.3.1: 作用


例外的に、骨格筋内には、血管拡張性の血管運動神経があります。交感神経活動が亢進する運動時に、優先的に血流を受けなくてはならないからです。骨格内血管拡張性交感神経線維とよばれています。

動画と音声での説明

 筋肉の外の動脈に対して、交感神経は、平滑筋収縮を促進します。そのため、交感神経が作用すると、動脈壁が収縮し、血圧が上昇します。

一方、筋肉の中の動脈に対して、交感神経は、平滑筋収縮を抑制します。そのため、交感神経が作用すると、動脈壁が弛緩し、血圧が低下します。

この両方の作用により、運動時、交感神経の作用により、血液は筋肉の外から、筋肉の中へ移動します。これは、運動のために有利です。

チャレンジクイズ

1 骨格筋内の動脈は、骨格筋外の動脈と異なり 同様 、交感神経により、平滑筋が収縮 弛緩 する。

2 骨格筋内には血管収縮性 血管拡張性 交感神経があり、 骨格筋外には血管収縮性 血管拡張性 交感神経がある。

このページのトップにスクロール

: 支配神経

: 骨格筋内