8.1.1: ろ過


ロートにろ紙をおき、砂の混じった砂糖水を流すと、水と砂糖はろ紙を通過しますが、砂は通過しません。このように、水圧により、溶媒(水)と小さな溶質とがある膜を通って移動することを、ろ過といいます。このとき、ある物質が通過するか否かは、その物質の大きさによって決まります。

生体の中では、腎小体においてろ過作用をみることができます。腎小体内の血管からは、ろ過作用により、血しょうの一部が尿細管に移動しています。ろ過されるのは、水分ならびに小さな物質です。タンパク質などの大きな物質はろ過されません。ろ過は受動的な過程であり、ATPを消費せずにおこなわれています。

チャレンジクイズ

1 ろ過とは、水 の圧力差 の分子運動 に溶けている粒子の浸透圧 による 溶質 溶媒 溶媒と溶質 の動きである。

2 ろ過は 高エネルギー物質、ATPを使わない受動的な 高エネルギー物質、ATPを使った能動的な 過程である。

3 腎臓の腎小体における原尿生成は、拡散 能動輸送 浸透圧 ろ過 による。

4 腎小体において、血漿中の溶質がろ過されるか否かは、その物質の大きさに依存する。 正 誤 

5 腎小体において、血漿中の溶質がろ過されるか否かは、その物質が有用か否かに依存する。 誤 正 

このページのトップにスクロール

: 能動輸送

: 物質の移動