8.1.2: 能動輸送


水をくみ上げるポンプを考えると、他の三つの物質の移動様式(ろ過,拡散,浸透圧)とは、異なる点に気がつきます。水の流れが、上から下への自然な流れではなく、逆行する流れです。また、ポンプに外から電気などのエネルギーを与えなければ、水をくみ上げることはできません。このように、エネルギーを消費し、受動的には起り得ない動きを生じさせることを、能動輸送といいます。小腸が食物中のブドウ糖やアミノ酸を吸収する過程は、能動輸送です。体にとって必須なものは、投資をしてでも取入れようとしているわけです。

 

チャレンジクイズ

1 電気ポンプを使って能動輸送をやると 無料でできる カネがかかる 

2 細胞が、ポンプを使って能動輸送をやると 高エネルギー物質、ATPを使わずにできる 高エネルギー物質、ATPが消費される 

3 腸管におけるアミノ酸の吸収は、拡散 浸透圧 ろ過 能動輸送 による。

4 能動輸送は、高エネルギー物質、ATPを使わない受動的な 高エネルギー物質、ATPを使った能動的な 過程である。

5 ある溶質が能動輸送により輸送された。これにより、輸送される前の場所の濃度と、輸送された後の場所の濃度差は 小さく 大きく なる。

6 腎臓の尿細管における(塩分の)再吸収は、拡散 浸透圧 ろ過 能動輸送 による。

7 腎臓の尿細管腔から物質が再吸収されるか否かは、その物質の大きさに依存する。 正 誤 

8 腎臓の尿細管腔から物質が再吸収されるか否かは、その物質が有用か否かに依存する。 正 誤 

このページのトップにスクロール

: 拡散

: ろ過