8.1.4.2: 拡散との比較

拡散も浸透圧も、溶液の濃度が、一定になろうとする作用であることにはかわりはありません。拡散では、溶質が高濃度の溶液から低濃度の溶液へ移動しますが、浸透では、溶媒が低濃度の溶液から高濃度の溶液へ移動していきます。拡散は、膜を介したり介さなかったりしますが、浸透は、半透膜を介します。

チャレンジクイズ

1 膜を介して溶液の濃度に差がある場合、拡散 浸透 は、その差を小さくする動きを生じさせる。

2 高濃度の溶液から低濃度の溶液へ溶質が移動する動きは、浸透 拡散 である。

3 低濃度の溶液から高濃度の溶液へ溶媒が移動する動きは、拡散 浸透 である。

このページのトップにスクロール

: 方向

: イントロ