6.1.1.1: 神経系の機能

神経系には意識レベル(睡眠/覚醒)の調節、思考、記憶、手足の動き、皮膚の感覚、などの機能がある。


人体における...


    「(指をはさんで)痛い!」

 

 

「(名曲を聞いて)美しい!」

 

 

  「(手を挙げようと思って)サァッ(っと手が挙がる)」

 

 

 

 

 



「(炎天下にて)タイオンジョウショウ、タイオンジョウショウ、ハッカンスベシ!」

「(膝をたたかれ)ポン(っと膝が伸びる)」
「(瞳孔に光が入り)....(っと瞳孔が縮小する)」

 

「(朝になって)ハァッ(っと目が覚める)」

 

「(誰に何も言われないのに)がんばろう!(っとはりきる)」

 


「ふーん」と、本の内容を理解する
などが神経系の機能です。

もっとも人間らしい機能である思考、創造、判断、記憶、より動物的である情動、欲情、本能行動、睡眠を含めた意識レベルの調節、生命維持に必要な内部環境、血圧、呼吸、内臓の調節、また手足を動かす運動系、外部や内部環境の変化を知らせる感覚系、などが神経系の機能です。


チャレンジクイズ

1 神経系は、

乳房に対する発育命令
自分がどのような予防接種を受けたのかの情報
思考・創造・判断・記憶などの情報
カエルの子はカエルになる情報
を扱っている。

2 生体にとっては、「(草津温泉につかりながら)いーい湯っだーなっ♪」は、神経系が扱っている情報でない ある 

3 良い恋文をしたためる機能は、ハート(心臓)にある。誤 正 

4 「今度の日曜日、何しようかな?温泉に行くお金はないし、天気は悪そうだし...」などの情報は、ホルモン 遺伝子 神経系 免疫系 が扱っている。

5 頬っぺたに何か触れた。誰かがキスしてくれたのか、蚊が刺したのかを感じわける情報は、免疫系 遺伝子 神経系 ホルモン が扱っている。

このページのトップにスクロール

: 脳のユニークな位置づけ

: 全体像