5.1.2.4: 膜電位


骨格筋は神経と同様、興奮性組織である。安静時(非収縮時)には静止膜電位が観察され、活動時(収縮時)には活動電位が生じている。神経細胞と同様、静止膜電位は、細胞内(細胞膜の内側)が陰性であり、活動電位は、細胞内が陽性である。当然、他の筋(心筋,平滑筋)も興奮性組織である。

 

チャレンジクイズ

1 筋線維は、興奮性細胞である ない 

2 活動電位が発生する場所は、神経細胞の 核 膜 である。

3 筋細胞の静止膜電位は細胞内(細胞膜の内側)が 陽性 陰性 である.

4 筋細胞の活動電位は、細胞内(細胞膜の内側)が 陰性 陽性 である。

このページのトップにスクロール

: 収縮

: 帯:その2