1.4.8.1: ATP以外の高エネルギー物質


クレアチンリン酸
骨格筋、心筋などに貯蔵されています。

グアノシン三リン酸(GTP)、シチジン三リン酸(CTP)、ウリジン三リン酸(UTP)
アデニン以外の、RNAに使われている塩基(グアニン、シトシン、ウラシル)を含む高エネルギー物質もあります。

チャレンジクイズ

1 クレアチニン クレアチン リン酸は貯蔵型の高エネルギー物質である。

2 クレアチニン クレアチン は他方の代謝産物である。

3 骨格筋、心筋などにクレアチンリン酸は少ない 多い 

4 グアノシン三リン酸(GTP)はDNAの一部 RNAの一部 高エネルギー物質 である。

5 シチジン三リン酸(CTP)はDNAの一部 高エネルギー物質 RNAの一部 である。

6 ウリジン三リン酸(UTP)はDNAの一部 高エネルギー物質 RNAの一部 である。

このページのトップにスクロール

: ATP生成の種類

: 少し詳しい情報