1.7.1.5: 機能-3(ポンプ)


細胞膜は、選択的に特定の物質を能動的にポンプで輸送しています。細胞内の高エネルギー物質であるアデノシン三リン酸 adenosine tri-phosphate (ATP)を使って能動的に輸送することにより、(ブドウ糖、Na+など)溶質を、拡散とは逆の方向に輸送することができます。すなわち、低濃度側から高濃度側への輸送が可能であり、濃度差を大きくすることが特徴です。

神経細胞の細胞膜には、ナトリウムイオンをくみ出し、カリウムイオンを取り込むポンプがあります。そのため、細胞内液にはカリウムイオンが多く,細胞外液にはナトリウムイオンが多く含まれています。

 

チャレンジクイズ

1 神経細胞の膜にあるポンプはナトリウムイオンをくみ出している 取り込んでいる 

2 神経細胞の膜にあるポンプはカリウムイオンを取り込んでいる くみ出している 

3 神経細胞の膜にあるポンプの作用により、細胞内外のナトリウムイオンの濃度差は小さくなる 大きくなる 

4 神経細胞の膜にあるポンプの作用により、細胞内外のカリウムイオンの濃度差は大きくなる 小さくなる 

このページのトップにスクロール

: 機能-4(チャンネル,チャネル)

: 機能-2(拡散)