1.4.1.2: 栄養素の化学的エネルギー

栄養素には、原子をひとつに結合させている化学的エネルギーがあり、栄養素が細胞内に入ると、細胞へエネルギーが供給される。

動画と音声での説明: Flash形式(Win, Mac) / MP4形式(iPad)

 

栄養素の中には、多くのエネルギーが入っています。

栄養素は、炭素(C)、水素(H)、酸素(O)などの原子が1つに結合してできています。

その結合(赤い線)にエネルギーがあるのです

これを栄養素の「化学的エネルギー」といいます。栄養素が細胞内に入ると、栄養素を構成する原子が入る(青い矢印)だけではなく、栄養素の化学的エネルギーも細胞に入る(赤い矢印)のです。

注意!図の栄養素は、糖質でも脂質でもありません。炭素(C)、水素(H)、酸素(O)が多く、均等に2分割できる架空の栄養素です。

 

 

チャレンジクイズ

1 筋細胞が収縮するためには、栄養素が筋細胞外にとどまること 筋細胞外から細胞内に入ること が必要である。

2 栄養素の化学的エネルギーは、原子 原子の結合 にある。

3 栄養素の電気的 化学的 エネルギーが筋細胞の収縮に必要である。

このページのトップにスクロール

: エネルギー代謝による栄養素の分解

: 細胞活動とエネルギー