6.1.1.9: 大脳の働き

意識にのぼる活動は、大脳の機能である。

動画と音声での説明: Flash形式(Win, Mac) / MP4形式(iPad)


大脳は、図の水色のところです。脳(中枢神経系のひとつ)の中でも大脳の働きはユニークです。光が「見える」、音が「聞こえる」、手を挙げ「よう」、書いてあることを「考える」など、意識にのぼる機能が大脳の機能です。つまり、目からの電気信号(活動電位)が大脳に届いて初めて「見える」のです。また、大脳が手を挙げ「よう」と思うのです。

大脳は皮質、辺縁系、基底核に分類され、意識にのぼる活動は、大脳皮質の機能です。

 

チャレンジクイズ

1 大脳は、脊髄 脳 の一部である。

2 意識にのぼる活動は、大脳以外の脳 大脳 脊髄 の機能である。

3 大脳 脊髄 大脳以外の脳 に電気信号(活動電位)が届いて、光が「見える」。

4 大脳 大脳以外の脳 脊髄 に電気信号(活動電位)が届いて、音が「聞こえる」。

5 脊髄 大脳 大脳以外の脳 に電気信号(活動電位)が発生して、「考える」ことができる。

6 大脳以外の脳 大脳 脊髄 に電気信号(活動電位)が発生して、手を「挙げよう」と思う。

このページのトップにスクロール

: 効果器

: 受容器