2.3.2.2.2: 動脈硬化症

動画と音声での説明: Flash形式(Win, Mac) / MP4形式(iPad)

(図上段)動脈硬化症の動脈壁には、弾性がありません。

心室が収縮して、血液が駆出されると、動脈壁が血液により内側から押され、血圧が上昇します。血圧があるので、毛細血管にも血流はあります。動脈壁に弾性がないため、動脈は拡大しません。拡大しないため、収縮期血圧は高いままです。 
 
(図下段)心室が弛緩して、血液を駆出しなくなると、血液が動脈壁を押す力は消え、心臓による血圧はなくなり、心臓による血流はなくなってしまいます。動脈壁に弾性がないため、拡大しなかった動脈は収縮しません。収縮しないため、拡張期血圧は低いままです。


動脈の弾性の作用は、収縮期血圧の低下と、拡張期血圧の上昇でした。
動脈硬化症では、動脈の弾性が低下してしまうことが主病態です。そのため、収縮期血圧を低下させる作用がなくなり、収縮期血圧が上昇する高血圧になってしまいます。また、拡張期血圧を上昇させる作用がなくなり、拡張期血圧が低下してしまいます。

収縮期は動脈が拡張しないので血圧が高く、拡張期は動脈が収縮しないので血圧が低くなります。

チャレンジクイズ

1 動脈硬化症では、動脈壁の弾性は増大 低下 している。

2 動脈硬化症では、収縮期血圧は上昇 低下 している。

3 動脈硬化症では、弛緩期血圧は低下 上昇 している。

このページのトップにスクロール

: 平均血圧

: 正常な動脈