3.11.5: 気管支喘息

I型アレルギーにより遊離されるヒスタミンによる気道の炎症,過敏性が主な病態である.気道の閉塞は可逆的,一時的である.呼吸困難感(息苦しさ)は当然あり,咳も多発する.

 

チャレンジクイズ

1 気管支喘息では、気道の過敏性が主な病態の一つである。誤 正 

2 気管支喘息では、肺胞の破壊が主な病態の一つである。誤 正 

3 気管支喘息では、気道の閉塞は非可逆的、恒久的 可逆的、一時的 である。

4 喘息は、II III IV V型 アレルギーである。

このページのトップにスクロール

: 気胸

: 肺気腫