1.4.9.4.5.3: CT


腹部の断面における脂肪組織の面積が測定できます。当然、内臓脂肪、皮下脂肪が別々に測定でき、内臓脂肪面積が100 cm2を超えると、内臓脂肪型肥満が診断されます。


チャレンジクイズ

1 腹部のCT断面において、内臓脂肪面積が

10
20
40
50
60
80
100
110
126
140
200
cm2を超えると、内臓脂肪型肥満が診断される。

このページのトップにスクロール

: 食事療法

: インピーダンス法