10.13.3: ダンピング症候群

動画と音声での説明: Flash形式(Win, Mac) / MP4形式(iPad)

幽門の機能が正常な場合、 胃の内容物は、ゆっくりと少しずつ流れてきます。
そのため、血糖はゆっくりと上昇し、130 mg/dlなどになります。
これは、インスリンの作用である血糖低下が少ないのです。「結果」が少ない場合、負のフィードバックは、「結果」を促進する「原因」を多くします。すなわち、インスリンの生成、内分泌が多くなるのです。これにより、インスリンによる血糖低下の促進作用が大きくなり、高かった血糖値は、正常値へ向けて低下します。
^澆瞭睛栃はゆっくり⊂しずつ流れ、7貪はゆっくりと上昇します。これによりぅぅ鵐好螢鵑内分泌されシ貪値は正常値に戻ります。

ダンピング症候群では主病態として、切除などにより幽門の機能が失われます。そのため、大量の胃の内容物が急速に小腸に流れてきます。これにより、腸管の外の水分が内容物の浸透圧によって腸管内に移動し、下痢になります。また、血糖は急速に大きく上昇し、180 mg/dlなどになります。これは、インスリンの作用である血糖低下がとても少ないのです。
「結果」がとても少ないので、負のフィードバックは強く働き、「結果」を促進する「原因」をとても多くします。すなわち、インスリンの生成、内分泌がとても多くなるのです。これにより、インスリンによる血糖低下の促進作用がとても大きくなり、高かった血糖値は正常値に戻るだけではなく、さらに低くなり、60 mg/dlなど低血糖になります。
〕門がないため胃の内容物が急速に小腸にながれ、浸透圧のために下痢となり、し貪が大きく上昇するのに反応してゥぅ鵐好螢鵑大量に内分泌され、θ娠性に低血糖になってしまう、これがダンピング症候群です。

 







<症状>

 

早期
ダンピング
症候群
浸透圧性下痢 小腸に急速に内容物が流入し、その浸透圧に引かれて水が小腸粘膜から小腸管腔に移動し、下痢となる。
後期
ダンピング
症候群
反応性低血糖 小腸からの急激な栄養素の吸収に反応して、インスリンが過剰分泌され、逆に低血糖をきたし、倦怠感、発汗、頻脈などがみとめられる。

 

チャレンジクイズ

1 ダンピング症候群は、胃切除後 胃炎治癒後 の患者にみとめられる。

2 ダンピング症候群は胃噴門 幽門 部の機能喪失による。

3 ダンピング症候群では、胃から十二指腸への内容物の移動が遅く 速く なる。

4 ダンピング症候群では、反応性低血糖 高血糖 がおこる。

5 ダンピング症候群では、浸透圧により、小腸の管腔から粘膜 粘膜から管腔 に水分が移動する。

6 ダンピング症候群では、下痢 便秘 が起こることが多い。

7 反応性低血糖 浸透圧性下痢 は早期ダンピング症候群の症状である。

8 浸透圧性下痢 反応性低血糖 は後期ダンピング症候群の症状である。

このページのトップにスクロール

: 膵炎

: クローン病、潰瘍性大腸炎