6.1.1.24: 大脳における機能局在

左右の大脳は、それぞれ反対側の運動、感覚を扱っている。


足でボールを蹴る命令となるのは、側の大脳からの活動電位です。

足でボールを蹴る命令となるのは、側の大脳からの活動電位です。

手も同様です。

 

手からの活動電位は側の大脳に届いて感覚されます。

手からの活動電位は側の大脳に届いて感覚されます。

足も同様です。

 

チャレンジクイズ

1 右足でボールを蹴る命令となるのは、右 左 側の大脳からの活動電位である。

2 左足でボールを蹴る命令となるのは、左 右 側の大脳からの活動電位である。

3 右 左 足でボールを蹴る命令となるのは、左側の大脳からの活動電位である。

4 右 左 足でボールを蹴る命令となるのは、右側の大脳からの活動電位である。

5 右手からの活動電位は左 右 側の大脳に届いて感覚される。

6 左手からの活動電位は右 左 側の大脳に届いて感覚される。

7 右 左 手からの活動電位は左側の大脳に届いて感覚される。

8 右 左 手からの活動電位は右側の大脳に届いて感覚される。

このページのトップにスクロール

: 大脳皮質における機能局在

: 機能局在の法則-3