7.3.5.1.1: 腸管でのカルシウム吸収に影響する因子


腸管でのカルシウム吸収に影響する因子としては。。。

促進因子:摂取量、乳製品、活性型ビタミンD
抑制因子:年齢、食物線維、リン(酸イオン)

などがあげられる。

また、活性型ビタミンDは小腸粘膜細胞でカルシウム結合たんぱく質の生成を亢進させることで、カルシウムの吸収を促進する。

チャレンジクイズ

1 カルシウム摂取量が多いことは腸管でのカルシウム吸収を促進 抑制 する。

2 乳製品でカルシウムを摂取することは、腸管でのカルシウム吸収を抑制 促進 する。

3 乳製品はカルシウム吸収が低い 高い 

4 年齢が高齢になることで腸管でのカルシウム吸収は低下 亢進 する。

5 食物線維は腸管でのカルシウム吸収を促進 抑制 する。

6 リン(酸イオン)は腸管でのカルシウム吸収を抑制 促進 する。

7 活性型ビタミンDは小腸粘膜細胞で

カルシウム結合たんぱく質の生成を亢進させる
カルシウムポンプの活性を亢進させる
近傍の血流を増やす
ことで、カルシウムの吸収を促進する。

このページのトップにスクロール

: カルシウムイオン、リン酸イオンの動き-2

: カルシウムイオン、リン酸イオンの動き-1