1.4.4.1: 2つの過程

ブドウ糖のエネルギー代謝は、2つの過程に分けられる。最初に、酸素を使わない過程(嫌気的代謝、解糖系)があり、次に、酸素を使った過程(好気的代謝)がある。

動画と音声での説明: Flash形式(Win, Mac) / MP4形式(iPad)

 栄養素は、最初、酸素を使わないエネルギー代謝を受けます。これを嫌気的代謝と呼びます。酸素を使わない場合、エネルギー代謝の効率は低く、嫌気的代謝の代謝産物には、まだまだ多くのエネルギーが残っています。

 次に、この代謝産物は酸素を使ったエネルギー代謝を受けます。これを好気的代謝、といいます。酸素を使ったエネルギー代謝は効率が高く、分解産物は、二酸化炭素と水です。

 赤い数字は、それぞれの物質内の化学的エネルギー量(単位はkcal/mol)です。

 

チャレンジクイズ

1 嫌気的代謝では、酸素は消費されない される 

2 好気的代謝では、酸素は消費される されない 

3 筋細胞に取り込まれたブドウ糖が最初に受けるのは、

安静時には嫌気的代謝、運動時には好気的代謝である
好気的代謝
安静時には好気的代謝、運動時には嫌気的代謝
嫌気的代謝
である。

4 嫌気的代謝は、好気的代謝よりも先に 後で 行われる。

5 好気的代謝は、嫌気的代謝よりも後で 先に 行われる。

6 嫌気的代謝の代謝産物には、多くの化学的エネルギーが含まれている ほとんど化学的エネルギーは含まれていない 

7 好気的代謝の代謝産物には、ほとんど化学的エネルギーは含まれていない 多くの化学的エネルギーが含まれている 

8 嫌気的代謝では、好気的代謝に比べて、代謝産物に含まれる化学的エネルギーが少ない 多い 

このページのトップにスクロール

: ブドウ糖の嫌気的代謝(解糖)

: ブドウ糖の嫌気的代謝と好気的代謝