1.4.5.3: 解糖系、TCA回路、電子伝達系、酸化的リン酸化反応-3

TCA回路(クレブス回路、クエン酸回路)の主生成物は水素原子(H)である。

*1 molのアセチル-CoAが、クレブス回路によって代謝されると、8 molのHが生成されます。また、1 molのATPも合成されます。これが、好気的代謝のstep 1であり、ミトコンドリア内で行われます。

 

チャレンジクイズ

1 ブドウ糖、脂肪酸が、クレブス回路によって代謝されるためには、アセチルCoA ADP ATP ピルビン酸 に変換される必要がある。

2 クレブス回路は、嫌気的代謝 好気的代謝 の一部である。

3 選択肢のうち、クレブス回路がより多く生成(産生)するのは、水素原子 ATP H+(プロトン)の濃度勾配 である。

4 クレブス回路は、O2を消費する しない 

5 クレブス回路は、CO2を生成(産生)する しない 

6 クレブス回路は、ネットでは、水を生成(産生) 消費 する。

7 図の*印に適切なのは

解糖
電子伝達系
β酸化
クレブス回路
基質レベルのリン酸化反応
酸化的リン酸化反応
である。

図表-1 拡大するにはここをクリック

このページのトップにスクロール

: 解糖系、TCA回路、電子伝達系、酸化的リン酸化反応-4

: 解糖系、TCA回路、電子伝達系、酸化的リン酸化反応-2