4.3.1.3.1.3: 中枢(下垂体)性尿崩症

中枢(下垂体)性尿崩症の主病態は、下垂体からのバゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の生成、内分泌、血中濃度の低下である。

ADH生成、内分泌調節_まとめ負のフィードバックの異常_ 「原因」が少なすぎる病態 と を理解してから勉強しよう。

中枢(下垂体)性性尿崩症の主病態は、下垂体からのバゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の生成、内分泌、血中濃度の低下です。これにより、水チャンネルの数が減少します。そのため、尿細管に残る水分が多くなり、尿の浸透圧は減少し、尿量が増大します。血漿の水分は少なくなり、血漿浸透圧は増大します。すなわち、発汗などしていないのに脱水状態になってしまうのです。また、水をいっぱい飲んだわけではないのに、尿量が多くなってしまうのです。

血漿浸透圧の上昇は、血漿浸透圧低下という「結果」が少ない状態であり、負のフィードバックでは、「原因」である、下垂体からのバゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の生成、内分泌、血中濃度を多くしようとします。

しかし、下垂体からの分泌低下が主病態であるため、負のフィードバックは働きません。これは、うれしくありません。

 

チャレンジクイズ

1 中枢(下垂体)性尿崩症の主病態(変動)は

ADH分泌の異常低下
水チャンネル数の異常低下
ADH分泌の異常亢進
大量飲水
水チャンネル数の異常増大
大量発汗
である。

2 中枢(下垂体)性尿崩症では、尿細管における水チャンネルの数、水分再吸収量は増大 減少 している。

3 中枢(下垂体)性尿崩症では、発汗 尿量増大 により脱水する。

4 中枢(下垂体)性尿崩症では、尿量は飲水により よらず 増大する。

5 中枢(下垂体)性尿崩症では、尿浸透圧は上昇 低下 する。

6 中枢(下垂体)性尿崩症では、血漿浸透圧は低下 上昇 する。

このページのトップにスクロール