4.3.1.3.3: まとめ


チャレンジクイズ

1 尿浸透圧低下、血漿浸透圧上昇、血中ADH濃度上昇の患者では 腎性尿崩症 SIADH 下垂体性尿崩症 が考えられる。

2 尿浸透圧低下、血漿浸透圧上昇、血中ADH濃度低下の患者では 下垂体性尿崩症 SIADH 腎性尿崩症 が考えられる。

3 尿浸透圧上昇、血漿浸透圧低下、血中ADH濃度上昇の患者では SIADH 下垂体性尿崩症 腎性尿崩症 が考えられる。

このページのトップにスクロール

: 説明に動静脈が入っている、以前の複雑な説明

: ADH不適合分泌症候群(SIADH)