4.2.1.4: 分泌機序:文字中心のイラスト


アルドステロンの生成、内分泌は、アンジオテンシンIIによって刺激され、亢進します。

血漿量ならびに血圧が低下すると、旁糸球体装置からレニンが生成、内分泌されます。レニンは、血中のアンジオテンシノーゲンをアンジオテンシンIに変換します。アンジオテンシンIは、さらにアンジオテンシンIIに変換され、アンジオテンシンIIの血中濃度が高まります。

アルドステロン分泌調節にまつわる諸因子を、ひとつの図に入れると、このようになります。モニターされ、一定に保たれている因子は、血漿量、血圧の増大です。「血漿量、血圧の増大」を直接もたらす因子は、腎臓の遠位尿細管におけるNa+の再吸収です。Na+の再吸収は、その上にあるアルドステロンの生成、内分泌に依存し、アルドステロン分泌は、その上の...と、傍糸球体装置からのレニン生成、内分泌に依存します。

 

このページのトップにスクロール

: 分泌調節

: 分泌機序