8.6.1.5: 代謝性アルカローシス

H+が原疾患そのものにより減少する病態を、代謝性アルカローシスという。

 

腎臓の機能亢進(アルドステロン症)そのものにより(重炭酸緩衝系の作用なしに)、動脈血に最初に起こる変化は、代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)です。

 

チャレンジクイズ

1 腎臓の機能亢進(アルドステロン症)そのものにより(重炭酸緩衝系の作用なしに)、動脈血に最初に起こる変化は、H+の減少、すなわち、

呼吸性アシドーシス(による酸血症)
低CO2血症
代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
高CO2血症
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
代謝性アシドーシス(による酸血症)
である。

2 腎臓の機能亢進により、

呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
低CO2血症
高CO2血症
代謝性アシドーシス(による酸血症)
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
がもたらされる。

このページのトップにスクロール

: 代謝性アシドーシス(2)

: 呼吸性アルカローシス