6.1.6.3: 膜電位の時間変化

動画と音声での説明: Flash形式(Win, Mac) / MP4形式(iPad)

神経細胞を活性化させるような刺激が加わると、細胞膜の内側の陰性電位は減少します。ある程度まで電位がゆっくり減少すると、そこからは急速に電位が減少し、極性が入れ替わり陽性電位となります。この陽性電位は長くは続かず、再び陰性電位が急速に増加し、静止膜電位に戻ります。

この膜電位の変化をグラフで見てみましょう。刺激が加わりました。陰性電位がゆっくり減少します。ある程度まで減少すると減少は急速になり、極性が入れ替わり陽性となります。そして再び陰性電位が急速に増加し、静止膜電位にもどります。

 

 

チャレンジクイズ

1 神経細胞を活性化させるような刺激が加わると、細胞膜の内側の陰性電位は減少 増大 する。

2 神経細胞に刺激が加わった後の陰性電位の減少は、最初急速でその後、ゆっくりになる 最初ゆっくりでその後、急速になる 

3 神経細胞を活性化させるような刺激が加わると、細胞膜は再分極 脱分極 する。

このページのトップにスクロール

: 膜電位関連の用語

: 膜電位