13.3: ビタミン

チャレンジクイズ

1 V.Aの化学名は、

アスコルビン酸
7-デヒドロコレステロール
トコフェロール
レチノール
コバラミン
メナキノン
チアミン
リボフラビン
エルゴステロール
カルシフェロール
ピリドキシン・ピリドキサール・ピリドキサミン
フィロキノン
βカロテン
トリプトファン
 である。

2 V.Dの化学名は、

アスコルビン酸
チアミン
カルシフェロール
βカロテン
エルゴステロール
リボフラビン
コバラミン
トコフェロール
ピリドキシン・ピリドキサール・ピリドキサミン
フィロキノン
トリプトファン
メナキノン
7-デヒドロコレステロール
レチノール
 である。

3 V.Eの化学名は、

カルシフェロール
コバラミン
βカロテン
エルゴステロール
ピリドキシン・ピリドキサール・ピリドキサミン
トコフェロール
トリプトファン
7-デヒドロコレステロール
フィロキノン
チアミン
アスコルビン酸
メナキノン
リボフラビン
レチノール
 である。

4 V.K1の化学名は、

トコフェロール
トリプトファン
エルゴステロール
リボフラビン
メナキノン
7-デヒドロコレステロール
カルシフェロール
ピリドキシン・ピリドキサール・ピリドキサミン
フィロキノン
コバラミン
アスコルビン酸
チアミン
βカロテン
レチノール
 である。

5 V.B1の化学名は、

アスコルビン酸
7-デヒドロコレステロール
トコフェロール
βカロテン
フィロキノン
コバラミン
チアミン
トリプトファン
レチノール
カルシフェロール
リボフラビン
ピリドキシン・ピリドキサール・ピリドキサミン
エルゴステロール
メナキノン
 である。

6 V.B2の化学名は、

メナキノン
チアミン
βカロテン
エルゴステロール
リボフラビン
フィロキノン
アスコルビン酸
レチノール
トリプトファン
ピリドキシン・ピリドキサール・ピリドキサミン
7-デヒドロコレステロール
カルシフェロール
コバラミン
トコフェロール
 である。

7 V.B6の化学名は、

メナキノン
コバラミン
βカロテン
カルシフェロール
フィロキノン
レチノール
ピリドキシン・ピリドキサール・ピリドキサミン
7-デヒドロコレステロール
チアミン
アスコルビン酸
リボフラビン
トコフェロール
トリプトファン
エルゴステロール
 である。

8 V.B12の化学名は、

エルゴステロール
メナキノン
コバラミン
アスコルビン酸
βカロテン
チアミン
トコフェロール
リボフラビン
7-デヒドロコレステロール
ピリドキシン・ピリドキサール・ピリドキサミン
トリプトファン
カルシフェロール
レチノール
フィロキノン
 である。

9 V.Cの化学名は、

トコフェロール
チアミン
コバラミン
レチノール
カルシフェロール
メナキノン
βカロテン
ピリドキシン・ピリドキサール・ピリドキサミン
アスコルビン酸
エルゴステロール
リボフラビン
トリプトファン
7-デヒドロコレステロール
フィロキノン
 である。

10 プロビタミンAの化学名は、

アスコルビン酸
フィロキノン
カルシフェロール
メナキノン
エルゴステロール
βカロテン
ピリドキシン・ピリドキサール・ピリドキサミン
コバラミン
チアミン
リボフラビン
レチノール
トリプトファン
7-デヒドロコレステロール
トコフェロール
 である。

11 プロビタミンD2の化学名は、

βカロテン
トリプトファン
レチノール
カルシフェロール
リボフラビン
メナキノン
フィロキノン
エルゴステロール
ピリドキシン・ピリドキサール・ピリドキサミン
コバラミン
チアミン
トコフェロール
7-デヒドロコレステロール
アスコルビン酸
 である。

12 プロビタミンD3の化学名は、

エルゴステロール
フィロキノン
ピリドキシン・ピリドキサール・ピリドキサミン
メナキノン
トリプトファン
βカロテン
レチノール
トコフェロール
リボフラビン
コバラミン
7-デヒドロコレステロール
アスコルビン酸
チアミン
カルシフェロール
 である。

13 プロナイアシンの化学名は、

トリプトファン
ピリドキシン・ピリドキサール・ピリドキサミン
コバラミン
リボフラビン
レチノール
カルシフェロール
βカロテン
7-デヒドロコレステロール
アスコルビン酸
エルゴステロール
チアミン
メナキノン
フィロキノン
トコフェロール
 である。

14 V.K2の化学名は、

βカロテン
カルシフェロール
フィロキノン
エルゴステロール
トコフェロール
レチノール
リボフラビン
コバラミン
ピリドキシン・ピリドキサール・ピリドキサミン
7-デヒドロコレステロール
メナキノン
アスコルビン酸
トリプトファン
チアミン
 である。

15 次のビタミンのうち脂溶性のものは、

V.D
V.B1
V.B2
V.A
V.C
V.B6
パントテン酸
V.B12
葉酸
V.K
ナイアシン
V.E
である。

16 次のビタミンのうち水溶性のものは、

V.C
V.B2
パントテン酸
V.B6
V.B1
V.B12
葉酸
V.E
V.K
V.D
ナイアシン
V.A
である。

17 ビタミンAの主な生理作用は、

糖質の燃焼に必要
抗酸化作用。動脈硬化予防など
核酸合成・メチオニン合成の補酵素の成分
脂肪酸の合成、分解
生体内の酸化、還元反応電子伝達系の補酵素の成分
皮膚・粘膜を正常に保つ、視機能
コラーゲンの合成、鉄の吸収、副腎皮質ホルモンの合成
小腸、腎臓でのCa、Pの吸収・再吸収促進
アミノ酸代謝(アミノ基転移酵素の補酵素の成分)
核酸合成・アミノ酸代謝の酵素の補酵素の成分
糖・脂質・タンパク質の酵素の補酵素の成分
血液凝固因子、プロトロンビンの形成
である。

18 ビタミンDの主な生理作用は、

アミノ酸代謝(アミノ基転移酵素の補酵素の成分)
核酸合成・アミノ酸代謝の酵素の補酵素の成分
コラーゲンの合成、鉄の吸収、副腎皮質ホルモンの合成
血液凝固因子、プロトロンビンの形成
小腸、腎臓でのCa、Pの吸収・再吸収促進
生体内の酸化、還元反応電子伝達系の補酵素の成分
脂肪酸の合成、分解
抗酸化作用。動脈硬化予防など
核酸合成・メチオニン合成の補酵素の成分
糖質の燃焼に必要
皮膚・粘膜を正常に保つ、視機能
糖・脂質・タンパク質の酵素の補酵素の成分
である。

19 ビタミンKの主な生理作用は、

生体内の酸化、還元反応電子伝達系の補酵素の成分
核酸合成・メチオニン合成の補酵素の成分
脂肪酸の合成、分解
アミノ酸代謝(アミノ基転移酵素の補酵素の成分)
血液凝固因子、プロトロンビンの形成
抗酸化作用。動脈硬化予防など
コラーゲンの合成、鉄の吸収、副腎皮質ホルモンの合成
核酸合成・アミノ酸代謝の酵素の補酵素の成分
糖質の燃焼に必要
小腸、腎臓でのCa、Pの吸収・再吸収促進
糖・脂質・タンパク質の酵素の補酵素の成分
皮膚・粘膜を正常に保つ、視機能
である。

20 ビタミンEの主な生理作用は、

核酸合成・メチオニン合成の補酵素の成分
血液凝固因子、プロトロンビンの形成
抗酸化作用。動脈硬化予防など
小腸、腎臓でのCa、Pの吸収・再吸収促進
糖・脂質・タンパク質の酵素の補酵素の成分
脂肪酸の合成、分解
生体内の酸化、還元反応電子伝達系の補酵素の成分
アミノ酸代謝(アミノ基転移酵素の補酵素の成分)
核酸合成・アミノ酸代謝の酵素の補酵素の成分
糖質の燃焼に必要
コラーゲンの合成、鉄の吸収、副腎皮質ホルモンの合成
皮膚・粘膜を正常に保つ、視機能
である。

21 ビタミンB1の主な生理作用は、

生体内の酸化、還元反応電子伝達系の補酵素の成分
コラーゲンの合成、鉄の吸収、副腎皮質ホルモンの合成
糖質の燃焼に必要
脂肪酸の合成、分解
抗酸化作用。動脈硬化予防など
アミノ酸代謝(アミノ基転移酵素の補酵素の成分)
皮膚・粘膜を正常に保つ、視機能
核酸合成・アミノ酸代謝の酵素の補酵素の成分
小腸、腎臓でのCa、Pの吸収・再吸収促進
核酸合成・メチオニン合成の補酵素の成分
血液凝固因子、プロトロンビンの形成
糖・脂質・タンパク質の酵素の補酵素の成分
である。

22 ビタミンB2の主な生理作用は、

抗酸化作用。動脈硬化予防など
生体内の酸化、還元反応電子伝達系の補酵素の成分
糖・脂質・タンパク質の酵素の補酵素の成分
血液凝固因子、プロトロンビンの形成
糖質の燃焼に必要
核酸合成・メチオニン合成の補酵素の成分
アミノ酸代謝(アミノ基転移酵素の補酵素の成分)
皮膚・粘膜を正常に保つ、視機能
小腸、腎臓でのCa、Pの吸収・再吸収促進
核酸合成・アミノ酸代謝の酵素の補酵素の成分
脂肪酸の合成、分解
コラーゲンの合成、鉄の吸収、副腎皮質ホルモンの合成
である。

23 ビタミンB6の主な生理作用は、

血液凝固因子、プロトロンビンの形成
アミノ酸代謝(アミノ基転移酵素の補酵素の成分)
糖・脂質・タンパク質の酵素の補酵素の成分
核酸合成・メチオニン合成の補酵素の成分
脂肪酸の合成、分解
生体内の酸化、還元反応電子伝達系の補酵素の成分
皮膚・粘膜を正常に保つ、視機能
小腸、腎臓でのCa、Pの吸収・再吸収促進
糖質の燃焼に必要
抗酸化作用。動脈硬化予防など
コラーゲンの合成、鉄の吸収、副腎皮質ホルモンの合成
核酸合成・アミノ酸代謝の酵素の補酵素の成分
である。

24 ビタミンB12の主な生理作用は、

生体内の酸化、還元反応電子伝達系の補酵素の成分
血液凝固因子、プロトロンビンの形成
核酸合成・アミノ酸代謝の酵素の補酵素の成分
アミノ酸代謝(アミノ基転移酵素の補酵素の成分)
糖・脂質・タンパク質の酵素の補酵素の成分
抗酸化作用。動脈硬化予防など
コラーゲンの合成、鉄の吸収、副腎皮質ホルモンの合成
核酸合成・メチオニン合成の補酵素の成分
小腸、腎臓でのCa、Pの吸収・再吸収促進
糖質の燃焼に必要
皮膚・粘膜を正常に保つ、視機能
脂肪酸の合成、分解
である。

25 ナイアシンの主な生理作用は、

小腸、腎臓でのCa、Pの吸収・再吸収促進
コラーゲンの合成、鉄の吸収、副腎皮質ホルモンの合成
核酸合成・メチオニン合成の補酵素の成分
抗酸化作用。動脈硬化予防など
糖質の燃焼に必要
アミノ酸代謝(アミノ基転移酵素の補酵素の成分)
脂肪酸の合成、分解
糖・脂質・タンパク質の酵素の補酵素の成分
血液凝固因子、プロトロンビンの形成
核酸合成・アミノ酸代謝の酵素の補酵素の成分
生体内の酸化、還元反応電子伝達系の補酵素の成分
皮膚・粘膜を正常に保つ、視機能
である。

26 パントテン酸の主な生理作用は、

抗酸化作用。動脈硬化予防など
皮膚・粘膜を正常に保つ、視機能
生体内の酸化、還元反応電子伝達系の補酵素の成分
糖・脂質・タンパク質の酵素の補酵素の成分
血液凝固因子、プロトロンビンの形成
脂肪酸の合成、分解
アミノ酸代謝(アミノ基転移酵素の補酵素の成分)
コラーゲンの合成、鉄の吸収、副腎皮質ホルモンの合成
核酸合成・アミノ酸代謝の酵素の補酵素の成分
核酸合成・メチオニン合成の補酵素の成分
小腸、腎臓でのCa、Pの吸収・再吸収促進
糖質の燃焼に必要
である。

27 葉酸の主な生理作用は、

小腸、腎臓でのCa、Pの吸収・再吸収促進
核酸合成・メチオニン合成の補酵素の成分
脂肪酸の合成、分解
血液凝固因子、プロトロンビンの形成
核酸合成・アミノ酸代謝の酵素の補酵素の成分
生体内の酸化、還元反応電子伝達系の補酵素の成分
アミノ酸代謝(アミノ基転移酵素の補酵素の成分)
抗酸化作用。動脈硬化予防など
糖・脂質・タンパク質の酵素の補酵素の成分
糖質の燃焼に必要
コラーゲンの合成、鉄の吸収、副腎皮質ホルモンの合成
皮膚・粘膜を正常に保つ、視機能
である。

28 ビタミンCの主な生理作用は、

抗酸化作用。動脈硬化予防など
皮膚・粘膜を正常に保つ、視機能
糖質の燃焼に必要
血液凝固因子、プロトロンビンの形成
脂肪酸の合成、分解
糖・脂質・タンパク質の酵素の補酵素の成分
核酸合成・アミノ酸代謝の酵素の補酵素の成分
生体内の酸化、還元反応電子伝達系の補酵素の成分
アミノ酸代謝(アミノ基転移酵素の補酵素の成分)
小腸、腎臓でのCa、Pの吸収・再吸収促進
核酸合成・メチオニン合成の補酵素の成分
コラーゲンの合成、鉄の吸収、副腎皮質ホルモンの合成
である。

このページのトップにスクロール

: ホーム

: 食事療法