3.11.6: 気胸

動画と音声での説明: Flash形式(Win, Mac) / MP4形式(iPad)


気胸では、肺と(壁側)胸壁との間の密着が失われるのが主病態であす。そのため、胸腔内の陰圧、すなわち、肺を広げる力が減少し、肺は小さくなります。また、横隔膜などの収縮によっても胸腔内の陰圧は大きくなることはなく、肺は伸展しません。

 

チャレンジクイズ

1 胸腔の密閉が保たれていない いる ときに、気胸が発生する。

2 気胸では、胸腔内の陰圧は大きい 小さい 

3 気胸では、肺の大きさは、正常よりも小さい 大きい 

このページのトップにスクロール

: 呼吸リズムの異常

: 気管支喘息