10.7.2.2: コレシストキニン・パンクレオザイミン

コレシストキニン・パンクレオザイミンcholecystokinin-pancreozymin (CCK-PZ)により、酵素の多い膵液の生成・外分泌が亢進する。

コレシストキニン・パンクレオザイミンcholecystokinin-pancreozymin (CCK-PZ)はタンパク分解産物、脂肪により、十二指腸から内分泌されます。酵素の多い膵液が生成・外分泌されることは、これを元に戻すために役立ちます。

 

チャレンジクイズ

1 コレシストキニン・パンクレオザイミン cholecystokinin pancreozymin (CCK-PZ)は膵臓 胆嚢 胃 十二指腸 から分泌される内分泌されるホルモン 外分泌される消化酵素 である.

2 コレシストキニン・パンクレオザイミンはHCO3- 酵素  の多い膵液を分泌させる。

3 コレシストキニン・パンクレオザイミンは十二指腸内の脂肪によって分泌が亢進し、胆嚢を収縮 弛緩 させる.

4 コレシストキニン・パンクレオザイミン cholecystokinin pancreozymin (CCK-PZ)が促進するは膵液分泌 唾液分泌 胆嚢収縮 腸液分泌 胃液分泌 である。

5 図の*に適切なのは促進、増大 抑制、減少 の印である。

6 図の*に適切なのは促進、増大 抑制、減少 の印である。

このページのトップにスクロール

: 大腸

: セクレチン