1.4.5.7: ピルビン酸の作用

 
*アセチル-CoAが、クレブス回路によって代謝されるためには、ある程度のピルビン酸が必要です。ピルビン酸は、ブドウ糖が解糖された代謝物であるため、「アセチル-CoAがクレブス回路によって代謝されるためには、ある程度のブドウ糖が必要である」と言えます。

*アセチル-CoAが、クレブス回路によって代謝されるためには、ある程度のピルビン酸が必要です。ピルビン酸は、ブドウ糖が解糖された代謝物であるため、「アセチル-CoAがクレブス回路によって代謝されるためには、ある程度のブドウ糖が必要である」と言えます。

 

チャレンジクイズ

1 クレブス回路が正常に機能するためには、一定量のたんぱく質 脂質 糖質 が必要である。

このページのトップにスクロール

: β-酸化

: 解糖系、TCA回路、電子伝達系、酸化的リン酸化反応のまとめ