10.3.3.5: 調節

分泌は自律神経系によってコントロールされ、交感神経により腺周囲の筋上皮が収縮し、副交感神経により腺分泌が亢進します。 そのため、交感神経により分泌が促進される唾液は粘液性であり、副交感神経により分泌が促進される唾液は漿液性です。 また、交感神経と副交感神経との拮抗支配はなく、ともに促進作用があります。

唾液腺への副交感神経は顔面神経と舌咽神経とがあります。

口腔、食道、胃の粘膜への刺激ならびに味覚、嗅覚、種々の条件反射によっても分泌は亢進します。

チャレンジクイズ

1 唾液腺への交感神経が興奮すると分泌が亢進 抑制 する.

2 唾液腺への交感神経が興奮すると粘液性 漿液性 の唾液分泌が亢進する.

3 唾液腺への副交感神経が興奮すると分泌が亢進 抑制 する.

4 唾液腺への副交感神経が興奮すると漿液性 粘液性 の唾液分泌が亢進する.

このページのトップにスクロール

: 食道

: 種類