12.3: 単層円柱上皮


胃粘膜、腸粘膜、気管粘膜、卵管粘膜には図のような単層円柱上皮があります。
これらの部位は外分泌が多く、分泌物が楕円状に貯蔵されます。そのため、円柱状が適しているわけです。


胃粘膜、腸粘膜では細胞間の凹凸である微絨毛が特徴的です。これより表面積が増え、吸収しやすくなっています。

また、気管、卵管には線毛が特徴的です。線毛は鞭のように波打っており、その動きを作るための構造物を収容するためにも、円柱状が適しているわけです。

 

チャレンジクイズ

1 胃粘膜は単層立方 移行 重層扁平 単層扁平 単層円柱 上皮である。

2 腸粘膜は単層扁平 単層立方 単層円柱 移行 重層扁平 上皮である。

3 気管粘膜は単層立方 単層円柱 重層扁平 単層扁平 移行 上皮である。

4 卵管粘膜は重層扁平 移行 単層扁平 単層円柱 単層立方 上皮である。

このページのトップにスクロール

: 重層扁平上皮

: 単層立方上皮