12.4: 重層扁平上皮


口腔粘膜、食道粘膜、皮膚には、図のような重層扁平上皮があります。
これらの部位の主な機能は保護です。そのためには、重層扁平上皮の厚く、通過しにくい構造が適しているわけです。特に皮膚にはケラチンが多く、角化が特徴的です。このことも保護に貢献しています。


 

チャレンジクイズ

1 口腔粘膜は単層円柱 重層扁平 単層扁平 移行 単層立方 上皮である。

2 食道粘膜は単層立方 重層扁平 単層扁平 単層円柱 移行 上皮である。

3 皮膚は重層扁平 単層円柱 単層立方 単層扁平 移行 上皮である。

このページのトップにスクロール

: 移行上皮

: 単層円柱上皮