1.4.5.5: 解糖系、TCA回路、電子伝達系、酸化的リン酸化反応-5

酸化的リン酸化反応では、ミトコンドリア(内膜)の外側から内側への水素イオン(陽子、プロトン)への移動により、効率よくADP+PからATPが生成される。

*H+(プロトン)の濃度勾配は、H+(プロトン)が内膜の外側から内側へ移動することにより、減少します。この際、「酸化的リン酸化反応」が起こり、ADP + P → ATPの反応により、ATPが生成します。好気的代謝の(最終)step 3です。34 molの水素イオンが外側から内側へ移動することにより、17 molのATPが生成します。

 

チャレンジクイズ

1 選択肢のうち、酸化的リン酸化反応がより多く生成(産生)するのは、ATP 水素原子 H+(プロトン)の濃度勾配 である。

2 H+(プロトン)が濃度勾配にしたがってミトコンドリア内膜の外側から内側へ流入すると、酸化的リン酸化反応は抑制 促進 される。

3 酸化的リン酸化反応はATPを生成 分解 する。

4 酸化的リン酸化反応により、ミトコンドリア内膜の内外のH+(プロトン)濃度勾配は小さく 大きく なる。

5 図の*印に適切なのは

酸化的リン酸化反応
電子伝達系
解糖
クレブス回路
基質レベルのリン酸化反応
β酸化


図表-1 拡大するにはここをクリック

このページのトップにスクロール

: 解糖系、TCA回路、電子伝達系、酸化的リン酸化反応のまとめ

: 解糖系、TCA回路、電子伝達系、酸化的リン酸化反応-4