7.3.5.3: カルシウムイオン、リン酸イオンの動き-3

ビタミンKとエストロゲンとは骨形成の作用がある。

*ビタミンKとエストロゲン(卵胞ホルモン)とは、カルシウム + リン(酸) → リン酸カルシウムの方向に作用します。すなわち、骨形成の作用があります。

 

チャレンジクイズ

1 エストロゲン(卵胞ホルモン)には、骨形成 破壊 の作用がある。

2 ビタミンKには、骨破壊 形成 の作用がある。

このページのトップにスクロール

: カルシウムイオン、リン酸イオンの動き-4

: カルシウムイオン、リン酸イオンの動き-2