4.4.3.7: 月経周期/後期

後期(2週間):下垂体前葉から生成、内分泌される性腺刺激ホルモンのうち主に黄体形成ホルモン luteneizing hormone (LH)が主役を担い、排卵後の卵胞内に残っている卵胞細胞に作用して黄体細胞に変化させます(黄体形成)。黄体細胞は主にプロゲステロンを生成、内分泌し、このホルモンの作用で子宮内膜の腺分泌が始まります。また、プロゲステロンは子宮内膜を保持する作用もあります。こうして子宮内膜は厚く、やわらかく、水分に富んだ、すなわち、受精卵の着床に適した状態になります。また、プロゲステロンは体温を上昇させる作用があります(既述)。そのため、黄体期では基礎体温は高くなります。


 

チャレンジクイズ

1 月経周期後期、子宮内膜は腺分泌が亢進する 剥離する 特に変化ない 増殖する 

2 月経周期後期、卵巣は卵胞 黄体 期にある。

3 月経周期後期、基礎体温は低い 高い 

4 黄体形成ホルモンの作用により、排卵を終えた卵胞は黄体となり主にプロゲステロン エストロゲン を分泌する。

5 月経周期後半(黄体期,分泌期)、プロゲステロンは黄体形成ホルモンlutenizing hormone (LH)分泌に対して負 正 のフィールドバックをかけている。

このページのトップにスクロール

: 月経周期/月経期

: 月経周期/排卵期