6.1.6.4: 膜電位関連の用語

動画と音声での説明

細胞膜内には陰性の静止膜電位が発生しています。刺激を受けると陰性電位が減少します。このことを脱分極といいます。脱分極により膜電位がある程度まで減少すると、活動電位とよばれる能動的な電位が膜に生じます。活動電位に移行する膜電位を閾値、あるいは閾電位、または発火レベルといいます。
活動電位の特徴は、急速な脱分極とovershootです。overshootとは、細胞膜内外の極性が入れ替わることで、細胞膜内が陽性になります。overshoot後、再び陰性電位が急速に増加し、活動電位は終了し、静止膜電位に戻ります。この過程を再分極といいます。

チャレンジクイズ

1 神経細胞の静止膜電位(の絶対値)が減少し、神経細胞が活動に向かう過程を 脱分極 過分極 という。

2 神経細胞膜は、刺激されると 過分極 脱分極 する。

3 膜電位が発火レベル(閾電位、閾値)まで脱分極すると、活動電位が発生 する しない 

4 膜電位が静止膜電位から少しでも脱分極すると、活動電位は必ず発生する。誤 正 

5 神経細胞が刺激されてovershootが起こると、電気的極性が入れかわり、細胞膜内が 陰性 陽性 になる。

6 overshootにひきつづき、膜電位は静止膜電位へ向けて 脱 再 分極する。

7 神経細胞膜電位の*印の変化は再分極 脱分極 である。


図表-1 拡大するにはここをクリック

8 神経細胞膜電位の*印の変化は脱分極 再分極 である。


図表-2 拡大するにはここをクリック

9 神経細胞膜電位の*印の部分は活動電位 閾値(閾電位、発火レベル) 静止膜電位 overshoot である。


図表-3 拡大するにはここをクリック

10 神経細胞膜電位の*印の部分はovershoot 活動電位 静止膜電位 閾値(閾電位、発火レベル) である。


図表-4 拡大するにはここをクリック

11 神経細胞膜電位の*印の部分は静止膜電位 活動電位 閾値(閾電位、発火レベル) overshoot である。


図表-5 拡大するにはここをクリック

12 神経細胞膜電位の*印のレベルは閾値(閾電位、発火レベル) 活動電位 静止膜電位 overshoot である。


図表-6 拡大するにはここをクリック

このページのトップにスクロール

: 膜電位のデータ

: 膜電位の時間変化