6.1.6.6: 閾値

膜電位と閾電位との差により閾値(いきち)が定義される.

閾値が小さいと発火レベルまで到達しやすく,興奮性が高いことを意味します.逆に,閾値が大きいと,発火レベルまで到達しにくく,興奮性は低い.

図の向かって左半分:静止膜電位(黄緑の線)と閾電位(赤い線)との差である閾値(青い両方向矢印)が小さい.少ない刺激(赤い矢印)により,膜電位は閾電位へ到達するため,活動電位は発生しやすい=興奮性が高いのである.

図の向かって右半分:静止膜電位(黄緑の線)と閾電位(赤い線)との差である閾値(青い両方向矢印)が大きい.多い刺激(赤い矢印)により,膜電位は閾電位へ到達するため,活動電位は発生しにくい=興奮性が低いのである.

 

チャレンジクイズ

1 静止膜電位と発火レベル(閾電位、閾値)との差が小さい神経細胞は興奮し やすい にくい 

2 静止膜電位と発火レベル(閾電位、閾値)との差が大きい神経細胞は興奮し やすい にくい .

このページのトップにスクロール

: 閾値の減少

: 膜電位のデータ