6.1.7.3.5: 自律神経の神経伝達物質


自律神経系の節前、節後線維における伝達物質が明らかにされています。交感神経、副交感神経とも、神経節におけるシナプス伝達は、アセチルコリンによって行なわれています。交感神経の節後線維末端からは、ノルアドレナリンNoradrenaline (NA)、別名ノルエピネフリンNorepinephrine (NE)が、支配する臓器に対して分泌されています。副交感神経節後線維の作用は、アセチルコリンにより伝達されます。

例外:汗腺を支配する交感神経節後線維の伝達物質はアセチルコリンです。

 

チャレンジクイズ

1 (コリン作動性を除く)交感神経節前神経終末からは、ノルアドレナリン アセチルコリン が分泌され、神経節後神経終末からは、ノルアドレナリン アセチルコリン が分泌される。

2 副交感神経節前神経終末からは、ノルアドレナリン アセチルコリン が分泌され、神経節後神経終末からは、ノルアドレナリン アセチルコリン が分泌される。

3 アセチルコリンは、シナプス伝達物質として

(コリン作動性を除く)交感神経節前
副交感神経節後
(コリン作動性を除く)交感神経節後
副交感神経節前
神経線維末端から放出されている。

4 ノルアドレナリンは、シナプス伝達物質として

(コリン作動性を除く)交感神経節前
(コリン作動性を除く)交感神経節後
副交感神経節前
副交感神経節後
神経線維末端から放出されている。

5 汗腺を支配する交感神経節前神経終末からは、ノルアドレナリン アセチルコリン が分泌され、神経節後神経終末からは、ノルアドレナリン アセチルコリン が分泌される。

6 カテコールアミンには、ノルアドレナリン(ノルエピネフリン) アドレナリン(エピネフリン) アセチルコリン が含まれる。

このページのトップにスクロール

: 中枢神経系の神経伝達物質

: シナプスの特性