8.5.3: 血漿のpHとCO2濃度

血漿のpHとCO2濃度は、生体の機能を決定する重要な要因であるため、一定範囲に保たれている。

図は、麻酔した犬における、左心室の拡張期の圧力が、血漿のpHによって受ける影響を示しています。左心室拡張期圧の増大は、うっ血性心不全を示唆します。血漿のpHが、薬物によりわずかでも正常範囲(7.35-7.45)からはずれると、酸性(pH 7.21)であれ、アルカリ性(pH 7.54)であれ、左心室拡張期圧は増大してしまいます。

pHを一定範囲内に保つシステム、酸・塩基平衡の重要性が示唆されます。



同様に、CO2濃度も、一定範囲内に保たれていなければなりません。高CO2血症(麻酔作用)も、低CO2血症(脳血管攣縮による脳虚血)も同様に有害です。動脈血の正常CO2濃度は、40 +/- 1 mm Hgです。

H+もCO2も細胞活動の結果、生成されます(前述)。

チャレンジクイズ

1 血漿を正常範囲を超えてアルカリ性にすることは、健康増進になる。 正 誤 

2 血漿pHの正常範囲は 3.04-3.14 5.98-6.02 7.35-7.45 8.10-8.24 である。

3 CO2は代謝産物であり、血中濃度は低いほど良い。 誤 正 

4 動脈血CO2濃度の正常値は、約 40 mm Hgである。 誤 正 

このページのトップにスクロール

: 腎臓におけるpHの調節

: 正確な定義によるデータの読み方/第1歩