8.8.1: anion gap

anion gapの定義は血しょうにおける(Na+ ― Cl- ― HCO3-)である
すなわち,細胞外液である血しょうにおいて主な陽イオン(Na+)とくらべて,主な陰イオン(Cl- と HCO3-)がどの位少ないか?主な陰イオン(anion)は主な陽イオンと比べてとの位ギャップがあるか?の定量であります
anion gapの実体は血中のAlbumin,ならびに乳酸,ケトン体,リン酸,硫酸などである.
このうち,最多はAlbuminです.Albuminは負に帯電しているのです.この部分だけ,量の方向が90度回転しています.anion gapの絶対値は破線の間であり,このデータですと,152-113-27=12mEq/LH2Oです.anion gapを構成する全物質の合計量は16+6+1+2=25mEq/LH2Oであり,各物質のanion gapに対する寄与率は各物質の横幅に比例します.
(有機酸とは炭素Cを含む酸,すなわち,乳酸とケトン体です.)
anion gapの正常値は12 +/- 2 mEq/Lである.
上記のデータは正常範囲内です.




anion gapは,「糸球体からろ過される不揮発性酸」の間接的指標である.
「糸球体からろ過される不揮発性酸」が増加すると,anion gapも増加します.「糸球体からろ過される不揮発性酸」が増大するアシドーシスの場合:たとえば,腎不全によって「糸球体からろ過される不揮発性酸」が排泄できない場合,anion gapは増大します.「糸球体からろ過される不揮発性酸」が増大しないアシドーシスの場合,たとえば,下痢によるHCO3-減少の時,anion gapは増大しません.

チャレンジクイズ

1 anionとは 陰イオン 陽イオン  である.

2 anion gapとは血漿において 主な陰イオンが主な陽イオンよりどれだけ多いか 主な陽イオンが主な陰イオンよりどれだけ多いか  の定量である。

3 anion gapとは血漿において 

主な陽イオンが主な陰イオンよりどれだけ少ないか
主な陰イオンが主な陽イオンよりどれだけ少ないか
の定量である。

4 anion gapの定義は

Cl-
Na+
HCO3-
 たす 引く  
Cl-
HCO3-
Na+
 引く たす  
HCO3-
Na+
Cl-
である.

5 anion gapは 揮発性酸 「糸球体からろ過される不揮発性酸」 尿細管から分泌される不揮発性酸  の 間接的指標 直接的測定値  である.

6 血漿のH+が増大することが主な病態では、anion gapは 増大する 減少する 不変である 

7 血漿のH+が減少することが主な病態では、anion gapは 減少する 不変である 増大する 

このページのトップにスクロール

: 代謝性アシドーシスの分類

: 病態