4.1.1.1.3: 作用機序/まとめ

ホルモンは血液中に生成、内分泌され、ホルモンの血中濃度が上昇することで、特定の作用をおよぼす。

動画と音声での説明: Flash形式(Win, Mac) / MP4形式(iPad)


アルドステロンにもエストロゲンにも、他のすべてのホルモンにも、あてはまる図です。

 

チャレンジクイズ

1 ホルモンは血管外で生成されて血中に内分泌される 血中で生成される 

2 ホルモンの生成、内分泌が増えると、ホルモンの血中濃度は上昇 低下  する。

3 ホルモンの生成、内分泌が減ると、ホルモンの血中濃度は上昇 低下  する。

4 ホルモンの生成、内分泌が減ると、ホルモンの作用は少ない 多い 

5 ホルモンの血中濃度が高いと、ホルモンの作用は多い 少ない 

6 ホルモンの血中濃度が低いと、ホルモンの作用は多い 少ない 

7 ホルモンの生成、内分泌が増えると、ホルモンの作用は多い 少ない 

8 ブドウ糖は肝臓から内分泌され、エネルギー源として使われている。ブドウ糖はホルモンでない ある 

このページのトップにスクロール

: ホルモンの一言まとめ

: 作用機序/エストロゲンの場合