3.7.17: 呼吸周期 / 安静呼吸:呼息の終わり

呼息の終わりには...

動画と音声での説明

胸壁には外向きの弾性力があります。肺の内向きの弾性力と胸壁の外向きの弾性力とがつり合うと呼息は終了します。当然、胸腔の陰圧も肺気量も(安静呼吸では)最小になります。
肺の縮小が終了すると、肺(胞)内圧は大気圧と等しくなり、肺内の気体の排出(呼息)が終了します。

この図は「安静呼吸:呼吸筋が弛緩し、呼吸運動がない状態 」の図と同一です。再度、横隔膜が収縮し、同じ周期がくり返されます。

 
 呼息の終わり
横隔膜弛緩
肺気量(安静呼吸の1周期の間で)最小
肺(胞)内圧大気圧
気流なし
肺の内向き弾性力(安静呼吸の1周期の間で)最小
胸腔内圧(陰圧)最小

チャレンジクイズ

1 呼息の終わりには、横隔膜は収縮 弛緩 している。

2 呼息の終わりには、肺気量は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の量から最大の量へ増大している。
最大である。
最大の量から最小の量へ減少している。

3 呼息の終わりには、肺の内向きの弾性力は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の力から最大の力へ増大している。
最大である。
最大の力から最小の力へ減少している。

4 呼息の終わりには、気体(空気)が流入する。 気流はない。 気体が流出する。 

5 呼息の終わりには、肺(胞)内圧は大気圧と比べて陽圧である。 陰圧である。 等しい。 

6 呼息の終わりには、胸腔内圧は(安静呼吸の1周期の間では)

最小の陰圧である。
最小の陰圧から最大の陰圧へ大きくなっている。
最大の陰圧である。
最大の陰圧から最小の陰圧へ小さくなっている。

このページのトップにスクロール

: 呼吸周期 / 安静呼吸:まとめの図(問題つき)

: 呼吸周期 / 安静呼吸:呼息時