4.3.1.4.1: イントロダクション

バゾプレッシン,抗利尿ホルモン antidiuretic hormone (ADH)は視床下部で生産され,下垂体後葉で生成、内分泌されます.血しょう浸透圧の恒常性に重要な役割を担っています.腎の集合管に作用して水チャンネルを開き,水分再吸収を促進します.これにより,尿量は減少し,尿浸透圧は上昇し,血しょう浸透圧は減少します.しかし,血圧は上昇しません(なぜかは「一歩一歩学ぶ医学生理学」/電解質と体液/体液分画,電解質と血圧の関係を勉強しよう).ホルモン作用,すなわち「血しょう浸透圧低下」がモニターされての「作用重視型調節」による負のフィードバックを受けています.すなわち,血しょうの浸透圧の上昇によって生成、内分泌が亢進し,血しょう浸透圧低下により生成、内分泌が低下します.
集合管の働き,水チャンネルの調節,などに関して,一歩一歩学ぶ医学生理学/泌尿器系/腎臓 第4章」を勉強しておこう.

チャレンジクイズ

1 バゾプレッシン vasopressin,抗利尿ホルモン antidiuretic hormone (ADH)は 腎臓の集合管 下垂体前葉 腎臓の傍糸球体装置 視床下部 下垂体後葉 で生産される.

2 バゾプレッシン vasopressin,抗利尿ホルモン antidiuretic hormone (ADH)は 腎臓の傍糸球体装置 下垂体後葉 腎臓の集合管 下垂体前葉 視床下部 で分泌される.

3 バゾプレッシン vasopressin,抗利尿ホルモン antidiuretic hormone (ADH)は 腎臓の傍糸球体装置 下垂体前葉 下垂体後葉 視床下部 腎臓の集合管 が主たる標的細胞である.

このページのトップにスクロール

: 作用

: 説明に動静脈が入っている、以前の複雑な説明