4.3.1.4.2: 作用

抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH) バソプレッシンは集合管の水チャンネルを開き,血しょう浸透圧を低下,尿浸透圧を上昇,尿量を減少させる.


(腎動脈に等張な血しょうが流入すると...)
腎血しょう流量は約500 ml/分です(中列)遠位尿細管の出口(集合管入り口)付近では,尿細管液は低張になり,約5ml/分の流量です.集合管での水分再吸収がなければ,高張な血しょうが腎静脈から流出します.大動静脈の血しょう浸透圧が等張で下垂体からのADH (vasopressin)生成、内分泌が正常であり,集合管の機能が正常なら,集合管の水チャンネルがある程度開くために水分が再吸収され,腎静脈から流出する血しょうは等張になります.尿管から流出する液量(尿量)は約1 ml/分です.

水チャンネルは開閉式であり,幅が変動します.水チャンネルが閉じると,再吸収される水は少なくなります.これにより,腎静脈を流出する血しょう浸透圧は上昇します.一方,水チャンネルが開くと,再吸収される水は多くなります.これにより,腎静脈を流出する血しょう浸透圧は低下します.

ADH (vasopressin)の生成、内分泌が亢進する(向かって右列)と,集合管での水分再吸収が促進され,尿は高張で少量となり,腎静脈の血しょうは大動静脈,腎動脈の血しょうと比べて低張になります.一方,逆にADH (vasopressin)の生成、内分泌が低下する(向かって左列)と,集合管での水分再吸収が抑制され,尿は低張で多量となり,腎静脈の血しょうは大動静脈,腎動脈の血しょうと比べて高張になります.

 

 

種々の条件におけるADHの血中濃度と尿浸透圧の関係を示すデータである.ADHの血中濃度が高いと,集合管での水分再吸収が亢進し,尿の浸透圧は亢進する(グラフ右上のデータ).逆に,ADH (vasopression)の血中濃度が低いと,尿も低張になる(グラフ左下のデータ).

 

 

左の図は,ADHの投与量に依存して尿量が減少する様子を示している。

チャレンジクイズ

1 バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が亢進すると、尿細管の水チャンネルの数は 多くなる 少なくなる 

2 バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が低下すると、尿細管の水チャンネルの数は 少なくなる 多くなる 

3 バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が亢進すると、尿細管で再吸収される水分の量は 多くなる 少なくなる 

4 バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が低下すると、尿細管で再吸収される水分の量は 多くなる 少なくなる 

5 バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が亢進すると、尿量は 多くなる 少なくなる 

6 バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が低下すると、尿量は 多くなる 少なくなる 

7 バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が亢進すると、尿の浸透圧は 上昇する 低下する 

8 バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が低下すると、尿の浸透圧は 低下する 上昇する 

9 バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が亢進すると、血漿浸透圧は高くなる 低くなる 

10 バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が低下すると、血漿浸透圧は高くなる 低くなる 

このページのトップにスクロール

: 分泌調節-1

: イントロダクション