4.3.1.4.6: 尿崩症

尿崩症は集合管での水分再吸収低下が主病態である.病的に低張な尿が大量に排泄され,脱水を来す

低張な尿が大量に排泄されることは,水分負荷と似ています.しかし,水分負荷時には,腎臓は血しょう浸透圧を正常に戻すよう調節しています.上図の「水分負荷」の列でも,大動静脈が低張になっていて低張な血しょうが腎動脈へ流入しています.これに対し,腎臓は低張な尿を排泄し,腎静脈の血しょう浸透圧を腎動脈の血しょう浸透圧より上昇させています.これは,大動静脈の血しょう浸透圧を正常に戻すことに役立ちます.

尿崩症でも低張な尿が大量に排泄されます.しかし,尿崩症では,腎臓は調節機能を失っており,疾患の原因なのです.上図でも,腎動脈に等張な血しょうが流入しているにもかかわらず,集合管での水分再吸収ができないため,低張な尿が大量に排泄され,腎静脈からは高張な血しょうが流出しています.これが,大動静脈血しょうを高張にしているのです.

チャレンジクイズ

1 尿崩症の患者では、集合管での水チャンネルの幅は、高張な血漿浸透圧からの負のフィードバックに 

見合わず病的に広い
見合って広い
見合って、血漿が等張の正常人と同レベルである
見合って狭い
見合わず病的に狭い

2 尿崩症の患者では,集合管での水分再吸収は、高張な血漿浸透圧からの負のフィードバックに 

見合わず病的に亢進している
見合って亢進している
見合って、血漿が等張の正常人と同レベルである
見合って低下している
見合わず病的に低下している

3 尿崩症の患者では、量は、高張な血漿浸透圧からの負のフィードバックに 

見合わず病的に多い
見合って多い
見合って、血漿が等張の正常人と同レベルである
見合って少ない
見合わず病的に少ない

4 尿崩症の患者では、尿の浸透圧は、高張な血漿浸透圧からの負のフィードバックに 

見合わず病的に上昇している
見合って上昇している
見合って、血漿が等張の正常人と同レベルである
見合って低下している
見合わず病的に低下している

5 尿量が多く,尿の浸透圧は低値であった.考えられる診断は 多飲 尿崩症 この二つから選択するには情報が不足している .

6 尿量が多く、尿の浸透圧は低値で、大動静脈の血漿浸透圧は高値であった。考えられる診断は 多飲 尿崩症 この二つから選択するには情報が不足している 

7 尿量が多く、尿の浸透圧は低値で、大動静脈の血漿浸透圧は低値であった。考えられる診断は 多飲 尿崩症 この二つから選択するには情報が不足している 

8 尿崩症は血漿から尿を生成する際、水分が尿に異常に多く排泄され、血漿が濃縮される疾患である。尿崩症では、血圧は 不変である 低下する 上昇する 

9 尿崩症の患者では、血漿浸透圧は低張 高張 等張 である。

このページのトップにスクロール

: 中枢性(下垂体性)尿崩症と腎性尿崩症

: 分泌調節-3