4.4.1.3: 甲状腺ホルモン/分泌調節(3層)


 

チャレンジクイズ

1 下垂体からの甲状腺刺激ホルモン(TSH)の分泌が亢進し、血中濃度が上昇した。このことにより、視床下部からの甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)の分泌を 抑制 促進  するlong loop short loop negative feedbackが働く。

2 下垂体からの甲状腺刺激ホルモン(TSH)の分泌が低下し、血中濃度が低下した。このことにより、視床下部からの甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)の分泌を 促進 抑制  するshort loop long loop negative feedbackが働く。

3 甲状腺からの甲状腺ホルモンの分泌が亢進し、血中濃度が上昇した。このことにより、視床下部からの甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)の分泌を促進 抑制  するshort loop long loop negative feedbackが働く。

4 甲状腺からの甲状腺ホルモンの分泌が低下し、血中濃度が低下した。このことにより、視床下部からの甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)の分泌を抑制 促進  するshort loop long loop negative feedbackが働く。

5 甲状腺からの甲状腺ホルモンの分泌が亢進し、血中濃度が上昇した。このことにより、下垂体からの甲状腺刺激ホルモン(TSH)の分泌を抑制 促進  するshort loop long loop negative feedbackが働く。

6 甲状腺からの甲状腺ホルモンの分泌が低下し、血中濃度が低下した。このことにより、下垂体からの甲状腺刺激ホルモン(TSH)の分泌を抑制 促進  するlong loop short loop negative feedbackが働く。

7 視床下部からの甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)の分泌には、甲状腺ホルモンの血中濃度と、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の血中濃度とが負のフィードバックをかけている。 両者のうち甲状腺刺激ホルモン(TSH) 甲状腺ホルモン の血中濃度からのフィードバックの方が強い。

8 視床下部からの甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)の分泌には、甲状腺ホルモンの血中濃度と、甲状腺刺激ホルモン(TSH) の血中濃度とが負のフィードバックをかけている。 両者のうち甲状腺ホルモン 甲状腺刺激ホルモン(TSH) の血中濃度からのフィードバックの方が弱い。

9 甲状腺からの甲状腺ホルモンの分泌が亢進し、血中濃度が上昇した。このことにより、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の分泌に対しては、分泌を促進 抑制 する負のフィードバックが作用し、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の血中濃度は上昇 低下 する。 このことにより、甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)の分泌を促進 抑制  する負のフィードバックが働く。 一方、甲状腺ホルモンの血中濃度上昇により、甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)の分泌を抑制 促進  する負のフィードバックが働く。 甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)分泌に対しては、甲状腺刺激ホルモン(TSH) 甲状腺ホルモン の血中濃度による負のフィードバックの方が他方より強いため、結局、甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)の分泌と血中濃度は低下 亢進(上昇) する。

10 甲状腺からの甲状腺ホルモンの分泌が低下し、血中濃度が低下した。このことにより、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の分泌に対しては、分泌を促進 抑制 する負のフィードバックが作用し、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の血中濃度は低下 上昇 する。 このことにより、甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)の分泌を抑制 促進  する負のフィードバックが働く。 一方、甲状腺ホルモンの血中濃度低下により、甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)の分泌を抑制 促進  する負のフィードバックが働く。 甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)分泌に対しては、甲状腺刺激ホルモン(TSH) 甲状腺ホルモン の血中濃度による負のフィードバックの方が他方より強いため、結局、甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)の分泌と血中濃度は亢進(上昇) 低下 する。

このページのトップにスクロール

: 甲状腺ホルモンの作用

: 甲状腺ホルモン/分泌調節(2層)