4.4.1.4: 甲状腺ホルモンの作用


甲状腺ホルモンの作用は、以下の4つに大別される。

・)骨や骨格筋の発達を促進する。これは特に、小児において重要であり、甲状腺ホルモンの分泌が不十分であると発育障害が出現する。
・)脳、生殖器、脾臓以外のエネルギー代謝を亢進する。その結果、二次的な作用として、体温が上昇し、酸素消費量が亢進する。
・)脳に作用し、精神活動を亢進する。甲状腺機能低下症では、無気力になってしまう。
・)骨髄を刺激し、造血を亢進する。

上記した重要な作用を有するが、個体の生命維持には必須ではない。

チャレンジクイズ

1 甲状腺ホルモン(T3, T4など)は、酸素消費、エネルギー代謝、熱生産、精神活動を抑制 亢進 する。

2 甲状腺ホルモン(T3, T4など)は骨格系の発達を抑制 促進 する。

3 甲状腺ホルモンは生命にとって必須である。正 誤 

4 甲状腺ホルモンは成人では精神活動に影響をおよぼさない。誤 正 

このページのトップにスクロール

: 甲状腺機能亢進

: 甲状腺ホルモン/分泌調節(3層)